取り組み

  1. トップページ
  2. 取り組み
  3. 在宅医療
在宅医療
ケンユウグループでは、多くの患者様に在宅での医療サービスを提供できるよう取り組んでいます。
在宅患者様
薬剤師が患者様のご自宅を訪問します。
お薬の管理はもちろん、体調や副作用のチェック、残ったお薬の調整などを行います。
服薬に関するご相談に応じ、患者様一人ひとりに合ったサービスを提供します。
医師や看護師、ケアマネージャーなど多職種と連携し、住み慣れたご自宅で、お薬に関する不安なく過ごせるようサポートします。
施設入居者様
高齢者施設で生活・療養されている患者さまへ、必要なお薬を施設までお届けします。
訪問薬剤師が、患者様一人ひとりの状態や服薬方法などのご相談に応じ、飲みやすい剤形や調剤方法をご提案します。
患者様のご家族や介護スタッフ、施設関係者の方々の負担を軽くできるよう、お薬の管理の面からお手伝いします。
こんな時、ご相談ください
「寝たきりや、外出に介助が必要で薬局へ行くのが困難」「お薬の受け取りに人手を割けない」
処方せんに基づき調剤したお薬を薬剤師がご自宅や施設へお持ちし、お薬の説明をします。
必要に応じて、お持ちしたお薬を所定の管理場所へセットします。
「お薬の種類が多くて管理が大変」「お薬を飲み忘れて余ってしまう」
数種類のお薬を1回分にまとめる「一包化」や、お薬カレンダーの導入など、患者様の状況に合わせた調剤方法や管理方法をご提案します。
お薬が余ってしまったときは薬剤師から医師に相談し、処方日数を調整します。
「飲み合わせや、副作用が心配」
食事、排泄、睡眠等の聞き取りや、血圧測定などのバイタルチェックを行い、お薬の効果や副作用を確認します。
複数の医療機関からお薬を処方されている場合は、飲み合わせや重複を確認し、安全に治療を進められるようサポートします。
風邪薬など市販のお薬やサプリメントについても、服用中のお薬の効果に影響がないかを確認します。
在宅医療を利用するには
まずは、かかりつけの医師や薬剤師、担当のケアマネージャー等にご相談下さい。
薬剤師の訪問について、医師から同意、指示をもらいます。
患者様、もしくはご家族の同意のもと、訪問を開始します。
ご利用の流れ
ご利用の流れ
ご利用料金
ご利用料金
同居する同一世帯にて、2人以上に対して訪問管理を行う場合は、単一建物住居者1人での
 料金となります。
お薬代は含まれません。
別途交通費が発生する場合があります。

採用案内メニュー
  • 学術活動
  • 在宅医療