取り組み

  1. トップページ
  2. 取り組み
  3. 学術活動
学術活動
学会発表
当社では、入社年度に関係なく社員が各自でテーマを決めて、研究に取り組んでいます。
学会発表を望む社員には、着実に研究を進められるよう、計画からデータの解析、ポスターの
作成までサポートします。
学会参加実績
第13回 日本薬局学会学術総会(神戸)(発表)(R1.10.19 - 10.20)
第59回北陸信越薬剤師大会(福井)(R1.9.22 - 9.23)
第52回 北陸信越薬剤師学術大会(福井)(R1.9.22 - 9.23)
第51回 日本薬剤師会学術大会(金沢)(発表)(H30.9.23 - 9.24)
第50回 日本薬剤師会学術大会(東京)(H29.10.8 - 10.9)
第50回 北陸信越薬剤師学術大会(新潟)(発表) (H29.9.18)
第57回 北陸信越薬剤師大会(新潟)(H29.9.17)
第1回 フレッシャーズ・カンファランス(東京)(発表)(H29.6.25)
第49回 日本薬剤師学術大会(名古屋)(H28.10.9 - 10.10)
第25回日本医療薬学会年会(横浜)(H27.11.21 - 23)
日本薬学会第134年回(熊本)(H26.3.28 - 30)
第32回 日本認知症学会学術集会(松本)(H25.11.8 - 10)
第52回 北陸信越薬剤師大会(新潟)(H24.11.3 - 4)
第22回 日本医療薬学会(新潟)(H24.10.27 - 28)
第45回 日本薬剤師学術大会(浜松)(発表)(H24.10.7 - 10.8)
第51回 北陸信越薬剤師大会(富山)(H23.11.5 - 6)
第21回 日本医療薬学会(神戸)(H23.10.1 - 2)
第43回 日本薬剤師学術大会(長野)(発表)(H22.10.10 - 11)
第42回 日本薬剤師学術大会(滋賀)(H21.10.11 - 12)
新潟薬剤師研修会
現場で働く薬剤師は、刻々と変化する医療に対応するため、幅広い知識が求められます。
新潟薬剤師研修会では、薬の知識だけでなく、コミュニケーション能力の向上や在宅ケアなど、
現場ですぐに役立つ研修会が開催されています。
令和元年度新潟薬剤師研修会
2019年8月1日 更新
第21回【令和元年7月7日】
グループディスカッション
●思い描くリーダー像
●マネージャーとリーダーの違い
●リーダーシップとは何か
平成30年度新潟薬剤会研修会
2019年3月1日 更新
第20回【平成31年2月24日】
プレアボイド研修会
●薬局プレアボイド説明
●事例グループ検討

第19回【平成30年10月21日】
体験参加型研修
●薬剤師とフィジカルアセスメント
●バイタルサインの診方(実技)

※過去の新潟薬剤師研修会は、下記 をクリックしてご覧ください。

平成29年度 新潟薬剤師研修会

第18回【平成29年10月22日】
セミナー
講師:医療経営研究所 コンサルタント 取締役 佐藤 健太 先生
薬局の「これから」 ─地域にとって「なくてはならない薬局」になるには─
 

平成28年度 新潟薬剤師研修会

第17回【平成29年2月5日】
在宅関連研修会
報告:ケンユウグループ 在宅ワーキンググループ
1.訪問指導業務の実態について、症例・事例の報告
2.グループディスカッション〜実際の症例を元に、問題可決を目指して〜

第16回【平成28年7月10日】
在宅関連研修会
講師:東邦薬品株式会社 地域医療連携推進室 検査薬・メディカル事業部在宅機器推進チーム

「見て・触って・覚えよう!在宅で使用される医療材料(実践編)」
第一部・衛生材料を中心に、消毒の知識と口腔ケア
第二部・経管栄養の基礎編
 

平成27年度 新潟薬剤師研修会

第15回【平成28年1月17日】
在宅関連研修会
講師:東邦薬品株式会社 地域医療連携推進室 検査薬・メディカル事業部在宅機器推進チーム
「知っておきたい在宅医療で使用される医療材料(入門編)」
「見て・触って・覚えよう!在宅で使用される医療材料(実践編) 〜褥瘡関連〜」
「医療材料分割販売 ENIF me(エニエフ ミー)の紹介」
 

平成26年度 新潟薬剤師研修会

第14回【平成26年8月21日】
講師 新潟市民病院 内分泌・代謝内科 科部長  宗田 聡 先生

「新しい治療薬について 〜SGLT2阻害薬の活用法〜」
 

平成25年度 新潟薬剤師研修会

第13回【平成25年10月12日】
講師 新潟医療センター循環器内科 杉浦 広隆 先生

「不整脈の薬物治療」

第12回【平成25年9月14日】
講師 済生会第二病院消化器内科医部長 本間 照先生

「排便コントロールの診断と治療」

第11回【平成25年2月2日 実施】
講師 新潟市民病院 消化器内科 副部長 教授 和栗 暢生 先生

「肝臓病患者への処方の実際」

第10回【平成25年1月19日 実施】
講師 マルホ株式会社 ファーマシー事業部 石谷 洋 先生

「服薬指導・アドヒアランスの向上」(外用剤編)

 

平成24年度 新潟薬剤師研修会

第9回【平成24年11月17日 実施】
講師 新潟医療福祉大学 医療技術学部理学療法学科 高橋 英明 先生

「脳梗塞後のリハビリテーション」

第8回【平成24年9月26日 実施】
講師 新潟薬科大学 臨床薬学研究室教授 朝倉 俊成 先生

「薬剤師が適正なインスリン自己注射にむけて押さえておくポイント」

第7回【平成24年2月18日 実施】
講師 脳神経センター阿賀野病院 院長 石川 厚 先生

「パーキンソン病の病態と治療」

第6回【平成24年1月21日 実施】 
講師 群馬大学大学院 医学系研究科皮膚科学教授 石川 治 先生

「褥瘡─マクロからミクロへ─」
 

平成21年〜23年度 新潟薬剤師研修会

第5回【平成23年10月22日 実施】
講師 空港前クリニック 副院長 川﨑 克 先生

「耳鼻科領域の疾病、診断及びその治療法」

第4回【平成23年 6月18日 実施】
※3月12日に実施する予定でしたが、地震の影響で中止になりました。
講師 オフィス・エヌ 代表 南雲 陽子 先生
「患者の気持ちを体験する」

第3回【平成22年 11月13日 実施】
講師 岡田内科医院 医院長 岡田 雅美 先生
「腎と薬」

第2回【平成22年 6月5日 実施】
講師 新潟市民病院乳腺科部長 阿部 春彦 先生

「乳癌の最近の薬物療法」

第1回【平成21年 2月27日 実施】
講師 済生会第二病院内科部長 鈴木 克典 先生

「インクレチン関連薬は糖尿病治療を変革できるか?」
 
  
社外研修会への参加
地区薬剤師会や医師会主催の研修会に、当社からも多くの薬剤師が参加しています。
また、特殊性のある内容の研修会には、社員の希望、経験、能力に合わせて参加可能です。
コミュニケーション研修・アクションラーニング《東京国際フォーラム》
公認スポーツファーマシスト認定プログラム基礎講習会《東京ビッグサイト》など

製薬メーカー勉強会
各薬局で月1回、製薬メーカーによる製品別勉強会を実施しています。これは新薬の説明だけでなく、すでに広く使われている薬の説明や、関連する疾病の勉強も行われます。現場での疑問を解決し、より知識を深めることができます。
また、ケンユウグループで実施された製品別勉強会の情報は、学術担当によってまとめられ、社員ならいつでも閲覧できるようになっています。
製薬メーカー勉強会の例

Web セミナー
ファイザー株式会社様主催のWebセミナー「薬剤師のためのベッドサイドティーチング」を、ケンユウ本社2階会議室にて開催しています。

採用案内メニュー
  • 学術活動
  • 在宅医療